Home採用情報 > 先輩社員の声

先輩社員の声
現在の仕事内容
お客さまの工場全体のマネジメントが私の仕事です。

具体的には、お客様から要望を聞き、それを実現するための最適な方法を提案。
設計、図面作成、検討を繰り返し、工事を行い、より生産性の高い工場を作りあげています。
その業務範囲は、工場の新設から既存工場の改修、新規機械の導入、新規ラインの設置、既存ラインの改善から工場の営繕全般まで幅広く、電気・機械・建築・電子回路等の知識を必要とします。

こう聞くと「そんなに高い能力が必要なのか・・・」と、ちょっと不安に思われるかもしれませんね。でも、心配は要りません!

なぜなら、弊社には各分野に精通した協力会社があり、チームを組んで仕事を行っているからです。
もちろん、それぞれの協力会社を管理し確実に仕事を遂行するために、必要最低限以上の知識は必要ですが、これらは経験の積み重ねによって培われることも多くありますし、より専門的な内容については協力会社と相談をしてすすめています。

しいて言うなら、私の仕事に必要な能力は「コミュニケーション力」と「自己判断力」ですね。
クライアントの担当者や現場スタッフなどから問題点や要望を聞きだしたり、協力会社に必要な情報を伝えより効果的な情報を提供してもらうための「コミュニケーション力」。

そして、急を要する現場やお客様との検討の場で方向性を決定する「自己判断力」。
これにつきると思います。
仕事でやりがいを感じていること
工場は様々で一つとして同じものはなく、それぞれ独自の課題を抱えており、必然的に私の仕事も毎回違う内容になります。
たいへんではありますが、常に新しいことにチャレンジし続けることができ、そこにやりがいを感じています。
また、私たちの仕事は、改善前と改善後の比較が数字で現れますので、結果を実感できることもやりがいにつながっています。
仕事をしていて嬉しかったこと
自分がイチから携わった機械の試運転のスイッチを押す瞬間は、今でもドキドキします。
もちろん、1回でうまくいくことばかりではなく何度も何度も試行錯誤を繰り返し、機械から完成品が出てきたときは感動的です。
そこに至るまでのどんな苦労も吹っ飛びますね。
また、その機械が本稼動し、出来上がった品物がまちのお店に並んで売られているのを見つけたときも最高に嬉しい瞬間です!
仕事をしていて辛かったこと
仕事によっては、寒かったり、汚かったり、時間がかかったり等きついこともありましたが、辛いと感じたとはないですね。現場では、課題解決に向け一生懸命になっているからかもしれません。
仕事の失敗で言うと、配送ラインの自動化の設計・施工を行ったのですが思ったように動作せず、でも、生産の関係でラインを稼動させなくてはならなかったため一人が配送ラインを直している間、本来自動化になっている箇所に私が立ち一日中品物を手で運んだ・・・ということがありました。
機械は複雑で、設計通りに施工しても、工場の環境などによって個別の調整が必要です。
思うように簡単には動いてくれませんが、それを乗り越えることもやりがいのひとつです。
今後の目標
今以上に、より良い提案をし、地域一、日本一の工場を作りたいです。
そのためには、工場の中により深く入り込み、お客様以上に工場を知り担当者から要望が出るよりも先に、こちらから提案を行うようにしていかなくてはなりません。
単に発注社と受注社という関係ではなく、お客様のパートナーとして頼りにしてもらえる存在でありたいと思っています。
応募者へのメッセージ
はじめは先輩について仕事をしてもらいますが、いずれは、自らの裁量で責任を持って仕事をすすめていくことになります。
裁量権を持つということは、責任と自由を併せ持つということです。

私自身、現在、とても自由に仕事をしています。

やる気があり、人と接することが好きな人ならキャリアの浅い方でも大丈夫!向上心があれば能力を広げ成長できる会社です。

是非とも一緒に頑張りましょう!
TOP