Home実績紹介 > 食品工場/バイオマスボイラー設置工事

実績詳細
食品工場/バイオマスボイラー設置工事
担当者 世古
期間 平成26年10月 ~ 平成27年1月
目的
生産能力向上 冷却能力向上   省人化
環境への対応 品質向上 衛生向上
安全性能向上 省エネルギー その他
工場面積
概要
    既存建屋の一部を残して解体 ⇒ 残ったコンクリート壁の洗浄 ⇒ ボイラー建屋鉄骨工事 ⇒ 
    ボイラー機器の搬入据え付け ⇒ ボイラー建屋外壁・屋根貼り ⇒ 内装及び周辺設備工事 ⇒ 外構工事
工事のポイント
【問題点】
  • 工期が短い。
  • 既存建屋を一部流用したが、図面が古く実際の寸法と違っていたため、ボイラー建屋の図面の修正が必要になった。
  • ボイラー設備が大きく、開口部からの搬入ができない。
【改善策】
  • 効率的に工事を行えるよう業者間の調整をし、安全に配慮しながら行程を詰めた。
  • 既存建屋解体後、測量しなおし図面の修正を行った。
  • ボイラー建屋の鉄骨を建て、外壁・屋根を貼る前に機器の搬入・据え付けを行った。
効果
  • エネルギーコストの低減。
  • CO2排出量(換算)の削減。
備考
  • 既存浄化槽のコンクリート壁の一部を建屋の外壁に流用し、コストをおさえた。
  • 外観
  • 外観
  • ペレット格納庫
  • 内部
TOP